FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

混浴の入りやすさ  ★★★       土湯温泉◆風望天流太子の湯山水荘◆

福島県福島市土湯温泉町字湯畑55
泉質 単純泉
外来入浴料 不可
効能 皮膚病・婦人病・糖尿病・動脈硬化症など
入浴時間 午前5時〜10時、午後2時〜11時
東北自動車道・福島西インターから約15分
磐越自動車道・猪苗代磐梯高原インターから国道115号で土湯トンネル経由約38km
こんこんと湯が湧き、「突き湯」と名がつけられ、それがやがて「土湯」と呼ばれるようになり、現在15件の温泉旅館がある



    

    

平成18年8月26日(土)外来不可のため、一泊二食付き14900円(税抜)でお泊まりしました
新館「花鳥苑」の12帖和室、広縁、トイレ、洗面所、お風呂付きの広いお部屋でした




  

夕食はお部屋食で手の込んだ料理がた〜〜〜くさん出ました
すごいには最後のデザート!お皿を全部下げた後に銀プレートに7種類の果物が出てきました!
夏休みの土曜泊なので15,000円と宿泊金額は高かったけど、平日なら1万円ちょっとで泊まれるプランもあり
1万円でこの料理なら、みなさん満足いくかと思います\(^o^)/


食前酒の桃酒 旬菜各種 里芋醍醐寄せ 枝豆・岩石豆腐・ずいき
じゅんさい 刺身4点盛り 牛肉の鉄板焼き 鴨ロース大和煮
トマトの冷静製仕立て なめこおろしうどん 夏野菜の桃ドレッシング 鮎のおとり揚げ
丸茄子の胡麻味噌かけ わっぱ飯 白ご飯セット 冬瓜のお吸い物

  

    

朝食は2階のコンベンションホールで7時半〜9時まで自由な時間で和洋中のバイキング
特にパンはその場で焼き上げたアツアツが出てすっごく美味しかったです(2種類)
料理の種類もジャムもドリンクも豊富で朝からついつい食べ過ぎてしまいます




  

6階にある桶露天風呂・サウナ付き大浴場は深夜1時までの利用で
夜の11時に男女入替になります(瀧の湯・淵の湯)
チェックイン時に女湯だった「淵の湯」は中で二階建てになっていて(6階と7階)
まず6階に浅湯と深湯と桶露天風呂があり、内階段で7階にあがると
右と左に大きな湯壷があり、特に庭側が超〜ぬる湯となっていて多くの人が浸かっていました
男女入替になった「瀧の湯」には画像左のようなL字型の湯壷だけでぬる湯浴槽はありません
朝、他のお客さんも「ぬる湯ないからつまんないね〜」と言っていたけど
やっぱりぬる湯のほうが人気ありますね!他の旅館もとにかくぬるめにしてほしい!!!


    

6階の大浴場前のラウンジには冷水・冷茶のサービスもあり
洗い場のシャンプー・リンス・ボディソープも2種類の良さげなものが置いてありました
脱衣場にも化粧水・乳液・ピーリング剤・ドライヤーなど女性に嬉しい宿です


  

1階にも男女別大浴場があります(つれづれの湯・たまゆらの湯)
露天風呂がないせいか、ほとんど利用者は居ない様子でしたが
ここだけは24時間利用可能です

他にも貸切風呂が5つあり、1時間1,050円(露天、半露天2、内湯2)
楽天やじゃらんで貸切利用がセットになったプランも出ているので
ネット検索してお得なプランを探すといいでしょう
また地下に一年中利用可の温泉プールもあり、家族連れにはお薦めの宿です




    

混浴露天風呂は3階にあります(太子の湯)
14時〜18時まで混浴、19時〜23時まで女性専用
23時以降は利用できず、再開は午前5時からでラストの10時までまた混浴となります
写真中央は外の源泉湯溜めで激熱のため、入浴禁止ですっ!


  

廊下から入口は男女別になってるけど、結局中の廊下でまた一緒になり
脱衣場は画像右のように2つありますが、「男」・「女」と特に書いてないので適当に使います
襖を閉めれば、浸かっている人から見えないけど、襖を開けたら死角になる部分がなく見えてしまいます


  

手前に桶風呂、奥に岩風呂があり、全面を屋根が覆っています
横の川&滝が良く見えて雰囲気はGOOD!
女性タイムの時間帯は滝がライトアップされるのでこれまた女性に優しい宿ですね
温度は大浴場に比べると熱くて長湯に向かないのが残念ですが
源泉は60℃、毎分180リットルと湯量も豊富なのでぬるくするには相当加水しないといけないらしい…
夏以外だと露天風呂はもうちょっとぬるくなるかな???


〜ちょっと寄り道〜

  

GWに遠刈田温泉&菅生サーキットに引き続き、今回の目的も「D1グランプリ」
土湯温泉の近くにある東北サファリパークに併設の「エビスサーキット」に行ってきました


    

狭いサーキットなので壁に激突したり、コーナーアウトする車が続出するハプニングがあって
とっても面白くってまたまた最初から最後まで観戦してしまいました!


  

写真左はサーキットに着いたばかりの画像で、右が帰る時の画像…
あぁ…ぁ、↑の傘を観戦場所に忘れてしまったぁぁぁぁ〜〜・゜゜・(×_×)・゜゜・。


<HOME>