家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

混浴の入りやすさ  ★★★★         新穂高温泉◆谷旅館◆

岐阜県吉城郡上宝村中尾
泉質 単純硫黄泉
外来入浴料 不可
効能 筋肉痛・腰痛・皮膚病・冷え症など
入浴時間 24時間
新穂高温泉の上、中尾高原にある「日本秘湯を守る宿」
客室数わずか7室だが、700坪の敷地にある露天風呂・中庭は広さもあり、志向を凝らしたご主人手作りの温かみがある
お値段のわりには料理も手の込んだ絶品が素敵な器で並ぶ




    

平成16年4月11日(日曜日)一泊二食付き13,000円で宿泊しました(休み前は1000円up)
お部屋はすべて二階にあり中庭と露天風呂ゾーンが見える8畳の和室
男性と女性と浴衣の色が違うのがなぁ〜んとなく嬉しかったりして(*^o^*)

    

一階には飛騨マスコットの「さるぼぼ」が先に座っている囲炉裏やコーヒーが飲める素敵なロビーと
個室お食事処と中庭が見渡せる広〜い湯あがり休憩室など、くつろげる空間がたくさんあります
たった7室というこじんまりとしたお宿なのに一階にも二階にも温・冷の煎茶、ほうじ茶、冷水、お湯の機械があり
お風呂上りに冷たいお茶が飲めたり、持参のインスタントコーヒーが飲めたり、ありがたかったです




  

夕食・朝食とも各部屋ごとに用意された一階の個室で頂きます
既製品はほとんど使わず手作りの品が並び、特に朝食の豆腐と玉子巻きは美味しかったです(^o^)
奥飛騨名物の朴葉味噌は夜も朝も出て、ご飯が進みましたぁ〜

食前酒・山葡萄酒
先付・ゴルゴンゾーラ豆腐
前菜・あまご姿寿司
姫竹、杏ワイン漬けなど
焼き物
岩魚奉書焼き
刺身
飛騨牛ロース
お凌ぎ
よもぎそば山かけ
飛騨牛朴葉味噌ステーキ
きのこ、野菜添え
炊き合わせ
甘鯛道明寺うぐいす餡など
強肴・帆立と白海老の
ヨーグルトソース
揚げ物
栃もち揚げ出し汁
お吸い物と香の物 水物
黒ごまプリンとびわ
お着き菓子
白米と赤飯煎餅

霜降りの綺麗なピンク色した飛騨牛は刺身として…ステーキとしてと二品も出てd(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ
先付のゴルゴンゾーラとは世界三大ブルーチーズの一つクリーミーで甘味のある豆腐に仕上がっていました
あまごの姿寿司や甘鯛道明寺うぐいす餡、栃もちの揚げ出し汁など今まで他の温泉旅館では
出たことのない手の込んだオリジナリティ溢れた料理で高級料亭以上の素晴らしい料理のオンパレードでした
露天風呂の素晴らしさも合わせて宿泊金額13,000円に十分見合う超〜お薦めの宿ですっ!また行きたい!!




  

男女別内湯はほぼ同じ大きさ・左右反転タイプで、大きなガラスでこじんまりとしたお庭が眺められ、ぬるめの適温(^o^)
露天風呂に大量に浮いていた湯の花はろ過しているようで硫黄の匂いはしますが綺麗な無色透明

露天風呂へは外履きスリッパに履き替えて屋根付き渡り廊下から移動します
手前が女性専用脱衣場で奥の突き当たりが男性専用脱衣場になっています
中庭では露天風呂も全部手作りしたというご主人が自らユンボに乗って次は貸切風呂を作ろうとしていました
貸切風呂が仕上がった頃にまた宿泊したいな〜〜=^-^=うふっ♪

      

女性専用露天風呂は4つで、微妙にお湯の温度が違います
ひとつひとつは小さいですが、脱衣場すぐ横の岩風呂と奥の檜風呂は屋根付き
雨の時、髪の毛が濡れるのが嫌な女性、日焼けが気になる女性にはありがたいですね〜

    

男性露天風呂=混浴露天風呂となっていて湯壷は3つ
女性専用露天風呂より敷地面積は広く、特に写真左の湯壷はとっても大きかったです
すぐ横が道路で、裏の旅館の建物も近いといえば近いので、周りはしっかりと垣根がしてありますが
高い山々に囲まれているので露天風呂に浸かりながら雄大なアルプスが眺められます




  

男女別脱衣場からすぐに混浴露天風呂に出られます
写真右でもわかるように真ん中に大きな岩が配置してあり、入り易い作りとなっています
宿の二階からも見えそうですが、見えません???…たぶん見えないでしょう(笑)
24時間入浴可なので、貸切状態になる時間帯も多そうですね


  

パッと見は無色透明ですが黄色い大きめの湯の花がたっぷりと浮遊していました
奥の湯壷は適温で、屋根付きの檜風呂はぬるめで何回も入ってしまいましたぁ〜
あっ\(◎o◎)/!そうそう、いつも白い温泉タオルだけど黄色いタオル使っているのは谷旅館のタオル!
浴衣もそうですが、タオルも巾着の色も黄色と青と分けてありました
外来不可で収容人数も少ないので混浴初心者でもお忍びムード満点の谷旅館なら混浴しやすいですよ〜
カップルの方は是非お出掛けしてほしい宿だなぁ〜お薦め、お薦め(*^o^*)



平成17年1月23日宿泊レポート

  

“日本秘湯を守る宿”のスタンプ帖が一杯になったので料理・お風呂・料金の総合的に一番の谷旅館に
平成17年1月23日(日)にお泊まりしました
写真左は前日、お隣の「なかしま旅館」に泊まったので、なかしまの部屋から撮った谷旅館の貴重な全貌写真!
お隣から中庭は見えるけど、上手い具合に露天風呂ゾーンは望遠鏡があっても見えません(ご安心を)
2回目の今回は冬晴れの最高の天気に恵まれ、青い空に白い雪山が映えていい写真が撮れました




前回、ユンボで作っていた貸切露天風呂をさっそくレポートします
チェックインの際にフロントで40分間の貸切利用時間を申し込みます(無料)
実際は1時間ごとの時間制で○時10分から○時50分の時間帯で、10分になったらフロントに鍵をもらいに行きます
私たちは夕食前の5時10分に予約し、鍵を受け取り玄関横の出入り口から外履きスリッパで移動します
小さめの岩造りの露天風呂でこちらも黄色い湯の花がいっぱい浮いています
で、湯壷の横に小さな湯溜まりを作ってあって、そこにろ過された温泉が溜まるようになっています
大露天風呂には置いてないボディソープとリンスinシャンプーがあり、そのろ過温泉で洗えるのです!さすが巧いこと考えます

さらにくり抜いた木を利用して飲み物が冷たく冷やされています
自己申告で一本100円(ラムネとウーロン茶とオレンジジュースが入ってました)




  

綺麗な器に彩り鮮やかな盛り付けで、前回と違う器も登場していました
すぐご飯、ご飯と頼むのを覚えていてくれたのか最初からお櫃が置かれていて評価大、大、大!
いまだに「まだお料理が出ますから…」となかなかご飯を持ってきてくれなかった長座と満山荘…恨んでいます(^^;;


先付・春の酢の物
ホッキ貝菜の花うど
前菜・あまご東寺揚げ
子宝えび、煮こごりなど
焼き物
子持ち鮎の塩焼き
刺身
飛騨牛ロース
お凌ぎ
よもぎそば山かけ
飛騨牛朴葉味噌ステーキ
きのこ、野菜添え
強肴
ぶり祐庵焼き
茶碗蒸し
漬物
揚げ物
さより、朝鮮人参など
お吸い物 水物
りんごワインコンポート
前回から相当
太った私(ーー;)

思えば前回は新天地生活スタートと就職祝いできよちゃんに宿泊プレゼントしてもらったのでした
それまでは単発の仕事で収入も安定してなく少なかったのでひもじい食生活だったのが
今の会社で飲み会・宴会・新年会・全食事付き出張のオンパレードで(個人負担一切なし)
飲み食いばかりしていて上の4月画像以来太って太って…(ーー;)



<HOME>