FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

神通峡春日温泉     ◆リバーリトリート雅楽倶◆


宿泊Room
洋室スタンダード
イギリスの間、402号室

洋室にシングルベット2つ
応接セット、トイレ・洗面所


富山県・神通峡春日温泉 リバーリトリート雅楽倶
富山県上新川郡大沢野町春日56-2
泊まった2日前に富山市に合併されました

リバーリトリート雅楽倶

高級フレンチ懐石とひとつひとつ違う17の個性豊かな部屋で優雅な演出をしてくれるデザイナーズ温泉ホテル
雅楽倶の公式ホームページ

平成17年4月3日(日曜日)
2名一部屋・26,893円(税込)





いつも仕事上でお世話になっているアイザック石崎産業さんが経営されているリバーリトリート雅楽倶
今までは入浴のみ(美術館見学&お茶菓子付き・1,575円)と
ディナー付き入浴(10,500円)と昼フレンチ懐石付き入浴(5,250円ご招待)と日帰り利用だけだったのですが
つ、つ、ついにあの高級温泉ホテルに平成17年4月3日(日)にお泊まりに行きましたぁ〜〜
初めて浴衣が選べる宿に泊まれて「どれにしようかな〜?」と悩む、悩む…(男性も選べます)
で、可愛いうさぎ柄のピンク色の浴衣を選んだのですが、帯が結べなくて敢え無く断念(>.<)
スタッフによる着付けのサービスもあるのですが、この歳で浴衣の帯も結べないなんて情けなくて頼むに頼めず(>.<)
最初に「固い帯でなくて柔らかい帯もございます」と親切に言ってくれたのに…結べない人は柔らかい帯にしましょう(^^;;

浴衣を選んだら、スタッフにより荷物と浴衣はお部屋へ…
そして私たちはロビーでドリンクサービス(ビール・コーヒー・抹茶から選べます)
さらにお部屋の冷蔵庫に冷やした雅楽倶オリジナルプリン(^o^)濃厚でとても美味しかったです




雅楽倶メンバーズカードを持っているので特典をいっぱい付けてもらえました\(^O^)/
通常一泊二食付き23,000円の【イギリスの間】で料理をグレードアップさせて28,000円
でも平日割引で15%引きになりました(休前日だと2,100円アップで、5%引きにしかならない)

いつも和室温泉旅館に泊まっているので、今回はあえて洋室の部屋にしました
なんかラブホみたいだなぁ〜と思いつつクローゼットを開けると下駄が用意されていました(^o^)
そして寝巻き用の浴衣、半纏、足袋…やっぱりラブホでなく温泉宿だぁ〜\(^O^)/
部屋に置いてあった浴衣は糊パリパリの浴衣でなくて柔らか〜い紬のようなエジプト綿のような…
色も落ち着いた一色の柄なしで、すっごく気に入ってしまいました
も〜し帯が結べてもこっちの浴衣のほうが断然好き!今までのどの旅館の浴衣より好きだな〜(欲しいっ!)


すっごく料金が高いのにお部屋にはお風呂が付いていません(スイートルームは風呂付き)
泊まるまでは、貸切風呂もないからきっとラブホみたいなデッカいお風呂が付いているんだろうな〜と思ってました(^^;;
今回はコーヒーを持参するの忘れたんだけど、
すっごく料金が高いから部屋にコーヒーくらいあると思ったら…
ありませんでした…(悲しい〜〜ラブホならあるのに)湧くポットだけに持ってくるの忘れてガックシ(>.<)
でもアメニティはまずまず充実していて、大型液晶テレビにDVDもセットされていました
無料のDVDやCD、ゲームソフトなどを借りることができ、やっぱりラブホみたい(笑)




  

リバーリトリート雅楽倶は地下1階、地上3階建てで客室は2階と3階に17室、1階にロビーと美術館と大広間
男女別大浴場は地下1階にあり(といっても地下1階は川と同じ高さ)夜7時半に男女入れ替えになります(24時間利用可)
大浴場の前には無料で利用できる最新型マッサージ機があり、あまりの気持ち良さについ長く陣取ってしまいます
上でラブホ、ラブホと連発したけどお風呂に入るとやっぱり温泉!ちょっぴし塩味がきいた無色透明のお湯で適温(^o^)
天然の赤石をふんだんに利用した露天風呂から神通峡が眺められ気持ちが良いです(彩の湯)


  

ライトアップされた露天風呂も素敵です
こちらの露天風呂(雅の湯)は狭いけど、檜のうたせ湯もあります
嬉しいのは露天風呂に冷水機があること(^o^)そして脱衣場にハンドタオルとバスタオルが置いてあること(^o^)
いつでも手ぶらでお風呂に入りに行けるのが気楽でよかったです
シャンプー、リンス、ボディソープの容器も高級そうだし、イオンドライヤーや化粧水もありました
内湯は彩の湯、雅の湯とも同じ作りで長方形の大きめ湯壷がひとつだけ(ジェットやぶくぶく有り)
半循環でかけ流し度は低く、露天風呂より塩味で若干ぬるぬる感があるけど入った瞬間塩素の匂いもありました




誕生日特典として(誕生日は満室だった為一週間後にずらしてもらった)
ケーキとシャンパンのサービス&ポラドイドの記念撮影付き

ろうそくを消した後、「お部屋の冷蔵庫に冷やしておきますね〜」
と、お部屋にケーキは移動
夕食のデザートにケーキをいっぱい食べたので
このバースディケーキは次の昼食代わりとなりました
新しいろうそくとお皿も置いてあって気遣い抜群の雅楽倶です

さらに、アロマテラピー30分のサービスもして頂きました
肩から上のオイルマッサージで、無意識に眠りに陥ってしまいました
さらにメンバーズカード特典として
バーミレニアムにてワンドリンクサービス
約1500円までのドリンクなら何でもOK!&おつまみの生チョコ付き
リバー何とか…っていう甘めのオリジナルカクテルを頂きました
チェックアウト2時間延長(12時まで)
ちなみにメンバーズ入会金は3,000円     
私はアイザック・ユーさんからプレゼントして頂きました\(^O^)/



  

夕食・朝食ともレストラン「西洋膳所」のテーブル席で頂きます(全席禁煙)
デートスポットでも有名なのでディナー時は宿泊者でない一般のお客様も多くおられます
で、レストラン利用の際はなるべく浴衣の上に羽織を着用くださいと注意書きがありました
テーブルにはお花も添えてお盆に縦に5つ並んだ小さい先付けが用意されていました
富山らしい旬の食材で、ほたるいか、バイ貝、海老、サイコロ肉みたいなの…┐( ̄ヘ ̄)┌ 忘れました

10日ほど前にご招待でランチを頂いたので同じ料理が5つあったのがイマイチ新鮮味に欠けたけど
ひとつひとつの吟味された食材と味付け、盛り付けと優雅な大人の時間を演出してくれます
でも…お値段のわりには器が普通っぽいかな〜って気が…素敵な器だと出された瞬間歓喜しちゃうのにぃ〜
また前回、酵素入りくるみパンの酵素が強すぎてあまり美味しくなかったので
あらかじめ「白ご飯も用意してください」と頼んでおいたので最初からご飯が出てきて嬉しかったな〜
でも宿泊日のパンは酵素もあまり強くなくてまぁ〜ま〜美味しかったです(^o^)

知人が以前泊まった時に「夕食の量が少なくて夜中にお腹が空いたから料理をグレードアップにしたほうがいいよ」と
教えてくれたので、5,250円グレードアップしたけど…・・・( ̄  ̄;) うーん、どこが違うのか???
フロントでは「フォアグラとか付きます」って言ってたけどフォアグラ以外の「とか」は?何????
正規の料理(10,500円)と比べてないからわからないけど…刺身のネタかな〜?????
もしかして「フォアグラとか」でなくて「フォアグラだけ」
でもこれだけ大きいフォアグラは滅多に食べれないし…美味しかったし…
量より質のグルメ派にはいいかも

鯛の甘酢味噌かけ
山菜乗せ
甘エビのムース トロの刺身 忘れました
竹の子とわかめの
トリ〜リした椀もの
フォアグラのソテー
リゾット添え
酵素入りくるみパン 激熱の石で焼く
イカとあわび
しじみのポタージュ フィレステーキ 押し寿司 チョコアイス
デザートいっぱい
1つだけ品切れでした
みんな美味しかった
特に抹茶白玉
食後のコーヒー
(紅茶も選べます)
ロビーのコーヒー(525円)
お替りできます

チョコアイスが出た後に、ウェートレスさんがトレーで「どのケーキになさいますか?」と聞いてきました
8種類あってどれも美味しそうで、どれも倒れそうなくらいに細く切ってある…
どれにしようか迷って迷って「これが欲しいけどもっと分厚く切ってくんない?」ってお願いしたら
大きさは変えられないんです…でも、何種類でも選んで構いませんよ」
「Σ('◇'*)エェッ!?8種類全部でもいいの?」 
「はいっ」「じゃ〜全部!」



  

吹き抜けのロビーと、フォースミュージアムという美術館
人間国宝を中心とした現代日本の陶芸コレクションを展示してあるギャラリー

館内のあちこちにも素敵な…(変わった?)オブジェが飾られていて見る人が見ればイイものなのでしょう
特にエレベーター横の案内が書いてあるオブジェは一瞬、産業廃棄物の錆びた鉄板かブリキかと思った(ーー;)
廊下の足元灯はこれまた一瞬、工事人が忘れたいった汚れた軍手かと思った(^^;;
まぁ〜いろんな面でフツ〜の温泉ホテルとは違う異空間で、百聞は一見にしかずで訪れる価値はあるかもネ




川沿いのテラスから写した「西洋膳所」と「バーミレニアム」
そして現在、建築中の新しい雅楽倶(隣接していて渡り廊下で結ばれる)もち露天風呂も作るそうです
私にとっては高いっ!ってイメージのある雅楽倶なので、次はリーズナブルな金額のホテルかな〜と思いや…
「今の雅楽倶より高いそうですよ」と、アイザック・ユーの方が一言…
Σ(='□'=)ウッソー!?
「今年の秋、オープンだからお披露目会に招待されると思いますよ」
「招待してくださぁーーーいっ!」

<HOME>