恋活
家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック

黒湯温泉
混浴の入りやすさ  ★        乳頭温泉郷◆黒湯温泉(一軒宿)◆

秋田県仙北郡田沢湖町生保内字黒湯沢2-1
泉質

単純硫化水素泉・酸性硫黄泉

外来入浴料 400円
効能 慢性皮膚病・リウマチ、慢性気管支炎な
外来時間 午前7時〜午後6時
田沢湖から乳頭郷の山の方へ20分ほど登ると鶴の湯へ行く横道があるけど、そのまま直進
キャンプ場やスキー場を通り過ぎると二股のところに休暇村田沢高原の大きなホテルがあるのでそこを右に
山道を数分登ると黒湯温泉の駐車場に到着!



    

平成14年9月9日、待望の乳頭郷温泉の第一番手として午前11時半に黒湯乳頭(←入湯)
昭和の初めまでは名前の通り、地殻変動で黒いお湯が出ていたそうですが、今は鶴の湯と同じような乳白色です
写真左は一応混浴と言われている内風呂…小さい(>.<)写真中央は一応混浴露天風呂と言われているけどさらに小さい(>.<)
写真右も一応混浴と言われているうたせ湯…小さい(>.<)どれもこれも小さ過ぎる〜〜〜〜〜〜〜(>.<)(>.<)(>.<)
脱衣場は特になく、内湯に下駄箱ロッカータイプの棚がありすだれを吊るしてあるだけで挑戦失敗(>.<)




  

一応混浴と言われている湯小屋から、庭や自炊棟の前を通過して行くと女性専用の湯小屋があります
オープンだけど広い脱衣場とこれまた大きい内湯とさらにさらに大きい露天風呂があります
上の写真右のうたせ湯も女性専用湯小屋のすぐ隣にあり、男性はこのうたせ湯には来れないようです

混浴と言われているお風呂があれだけ小さくて、女性専用がこれだけ大きいとさすがに私も挑戦できませんでした(>.<)
きっとおばあさんでも入れないでなくて「入らない」のでは???



  

「妙の湯温泉」に金の湯、銀の湯という変わったお湯の色をした混浴露天風呂があるそうですが
肝心の混浴露天風呂が改装中のため、通過しました(>.<)
写真右の「大釜温泉」は混浴露天風呂がないので通過しました(>.<)
乳頭温泉郷のどこか一箇所に宿泊した方のみ『湯巡り券』を1000円で購入でき、残り5つの温泉巡りができます
6つとも近くにありますので宿泊された方は是非、全部の湯巡りをお楽しみください


<HOME>