家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

混浴の入りやすさ  ★★★★            芦原温泉◆芦原グランドホテル◆

福井県あわら市温泉4-2
泉質 弱アルカリ低張性温泉(塩泉)
外来入浴料 800円
効能 美肌、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩など
外来時間 アバウト
北陸自動車道:金津インターから8キロ
金沢から50分、大阪から3時間、名古屋から2時間半
JR北陸本線:芦原温泉駅より車で10分
近くには有名な東尋坊があり芦原温泉とセットで観光する人も多く、越前カニが解禁になる11月からはカニを求めて多くの人が訪れます




    

芦原温泉の中心部に位置する芦原グランドホテル
道路から見る外観はイマイチですが玄関横には日本情緒が漂うミニ庭園でお出迎え
ロビーはいかにも大型温泉旅館というにふさわしい豪華な造りでコーヒーカウンタや売店も広くて充実しています
さらにこのグランドホテル系列として「別館:美肌の湯ホテルゆらく」と「姉妹館:温泉工房ホテルぐらばあ亭」がありますので
この3つのホテルのいずれかに宿泊すると湯巡りが楽しめます。
ちなみに温泉ガイドブックには外来入浴は18:00〜22:00要予約と書いてありましたが
午後3時にホテルに顔を出したらすんなりと入浴させてくれました
フロントに外来入浴者の記帳の用紙がありましたが特に記帳を勧められることもありませんでした

    

こちらは女性専用内湯「式部の湯」で、脱衣場の湯上りコーナーも化粧コーナーもとって綺麗で設備バッチリです
内湯の窓の向こうに広がっているのは露天風呂かと思いや、日本庭園の池でした
窓が簡単に開くので写真右の縁台で涼しむこともできますが、客室から覗かれる可能性も高いです
お湯の温度は若干高め、飲泉コーナーもありややしょっぱい塩泉でした。
写真中央の大きな湯壷の横にアクリル板で囲ったジャグジー風呂がありミストサウナのようになっています。
男性専用風呂は入浴者がたくさんいてデジカメに納めることができませんでしたが
パンフレットによると「浅倉門大浴場」の名前で五右衛門風呂や薬湯風呂やうたせ湯、サウナがあるそうです
ここのお風呂でw( ̄△ ̄;)wおおっ!と思ったのは半端じゃなく立派なひのきの桶と腰掛椅子!一見の価値ありです
こんな重たい桶はいまだ御目にかかったことがないくらいどっしりと年季が入ったいい色艶をしていました
かといって不潔ぽくなく使用していていい気分になれる桶と腰掛椅子でした(とてもじゃないけど片手で持ち上がらない)


    

こちらは混浴露天風呂に恥ずかしくて入れない女性のために増築した長生館の5階にある女性専用展望露天風呂
以前は男女時間制で入れ替えをしていたそうですが今はオールタイム女性専用となりました
露天風呂とはいえ天井も側面もアクリル板で囲ってあるため、最初は露天風呂はどこ?と探してしまいました(笑)
がっちりとした壁や天井ではないから湯気でもうもうという訳ではありませんが
景色が一望できるだけで【露天風呂!】ってイメージはあまりありません
でも宿泊者ならば夜に入浴すれば夜景が綺麗で楽しめるかも知れません


こちらが混浴露天風呂
混浴は法改正後、新しく設置することを禁じているので
いかにも昔からあるような日本情緒豊かな造り
残念なのは北陸という場所柄か雪や雨が多いので
どんな天候でも入浴できるようにこちらも展望露天風呂のように天井が全面アクリル板で覆われていた事ですね〜
それでも萱葺きの屋根があったり全体に大きな岩を配置してとってもいい雰囲気をかもしだしています。




    

混浴露天風呂の脱衣場は木造作りで脱衣カゴもなく棚の天板があるだけ
宿泊者で浴衣の方はここで着替えても十分ですが、外来入浴者はお隣の女性専用内湯「式部の湯」で下着を脱いで
ロングTシャツなど一枚だけ羽織って混浴露天風呂に移動する事をお薦めします
今回は厚着をしていたので私も「式部の湯」ですべてを脱いでちょっと長めのパーカーだけを
裸の上に羽織って移動しました。この脱衣場でもたもた着替えていると男性客が来ちゃうかも知れませんからね〜^^

  

こうやって画像でみるととても大きい露天風呂に見えますね〜
実際は「わ〜〜〜でかい!」という感覚ではありません
この日は最高気温12℃くらいと2月にしてはとっても暖かい日
それでも長く浸かっていると額から汗がにじんでくるので奥のぬるめで浅い湯壷のほうばかりに浸かっていました
真ん中の部分は足首までしかお湯がないくらい底に岩が積んであるので、そこに腰掛けたり涼しんだり…
温泉だけを楽しむのなら800円は高いので混浴露天風呂を楽しむつもりでお出掛けください
この岩風呂の露天風呂はお薦めで挑戦もしやすいと思います
ただしワイルドというイメージはなくホテル内の庭の一部という感じですので
ここでバスタオル巻きや水着はまったく似合いませんからやめておいたほうがいいですね(^o^)




男女一緒の脱衣場


混浴の入りやすさ  ★★★★★           芦原温泉◆米和◆

福井県あわら市温泉1-306
泉質 食塩泉
外来入浴料 500円
効能 筋肉痛・冷え性・腰痛・皮膚病など
外来時間 午前11時〜午後3時
芦原温泉駅より徒歩5分くらいの近さにある米和
混浴露天風呂とはどこにもうたってないけど、立派な混浴露天岩風呂があるこじんまりしたお宿




    

訪れたのは平成15年10月14日火曜日の午後1時頃
外来入浴とお昼の「ひる席(お食事)」を受け入れているお宿ですが、中は暗くって呼んでも誰も来ない(>o<")
お宿の回りを見渡しても専用駐車場が見当たらなかったのでどこに車を停めようかと思っていたのです…
なかなかお宿の方が出て来ないのでとりあえず正面玄関に停めてロビーで待つことに
入口やロビーは小さいけど全室写真右の中庭に面した客室が30室ある奥に長〜〜いお宿でした


    

男女別内湯のほうの廊下に写真左のような湯壷が…
何だろう???と思ったら自分で温泉玉子が作れるコーナーらしい(一個60円)
なんとじっくり45分間かけて温泉たまごを作るそうです


    

内湯はタイル張りのごく普通の浴槽
飲泉場があり、飲んでみたら塩っ辛いのなんのって。。゛(/><)/ ヒィ
とにかくロビーも廊下も脱衣場も内湯の電気代節約なのか暗くて暗くて(ーー;)
ここ「米和」の特徴は45分2100円のフェイシャルマッサージ(外来入浴者でもOK)
クレンジング後、回転ブラシで角質を取るピーリング
低周波の電気を当てて毛穴の汚れを引き出して、マッサージを行い、次は高周波を当てて血行を促し
最後にたっぷりの保湿美容パックをするそうで、このマッサージ目当てのリピーターも多いとか
完全予約制でマッサージ時間は午後1時〜5時と7時〜9時



混浴露天風呂は石鹸シャンプー禁止
でもシャワーとカランはありました



    

ロビーからまっすぐ進んで一番奥に混浴露天風岩風呂ゾーンがあります
入口も脱衣場も男女別


  

露天風と看板にも書いてあるように建物の中に湯壷があり写真左の小さな中庭だけが天井なし
かすかに太陽の光が届く程度で露天風呂側はとても暗くフラッシュなしでは画像真っ黒(>o<")
でも窓もなく、一応露天風呂といえるでしょう
男風呂と女湯はLの字で繋がっていて間に岩がにょきにょきっと生えています
体を横にすればススス〜〜〜っと通り抜けることができます(東尋坊風だとか???)
お腹が出ている方は岩にお尻とお腹を擦る可能性があるので中庭を回ってください(笑)
男性側のお風呂のほうが広かったですが、上の芦原グランドホテルとほぼ同じくらいの大きさでした

  

写真左がその岩と岩の間で人が行き来できるスペースです
あっちとこっちに浸かったまんま、顔が見渡せますし、お話もできます
男女とも全く別グループと遭遇したら岩の付近には近寄らないでしょうから、安心して入れると思います
内湯より塩味は強くなくお湯の温度もぬるめで無色透明
昼間でも本当に暗いので離れたところで浸かっていればまったくお湯の中の体は見えないでしょう
ここなら混浴が初めての方でも気楽に挑戦できると思います
もっとも外来入浴ではネットで未紹介、お宿のパンフレットにも混浴と書いてないので貸切状態でしょうか^^





石川県根上町の松井秀樹野球の館

目指せっ!大リーグの星

芦原温泉の帰りは根上町の「松井秀樹野球の館」に寄ってきました
でも火曜日は休館日(>o<")入口で写真だけ撮ってきました


<HOME>